International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Aki-no-yosooi(sasaqua)

Aki-no-yosooi(sasaqua)

Last Updated:2024/7/5 8:45:56 By:wangzhonglang
154

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-26805

CountryJapan

Year Published/Registered2021

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Aki-no-yosooi(sasaqua)'

Chinese Name:秋装

Japanese Name:秋の装 あきのよそおい

Meaning

Description

» English Description

International Camellia Society, 2023. Splendid Sasanquas, an International Ornament, p.69. (Flower) deep red, anemone form double, medium, mid (Nov-Jan), (Leaf) elliptic, medium size, (Growth) spreading, (Species) C. hiemalis, (Breeder) Takeshi Muramatu (村松剛), (Birth place) Japan, (Record) 1977, (Reporter) S. Takano.


» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,P32静岡県(浜松市)産,シシガシラ系. 花色 濃桃紅色  花形外弁1215枚、旗弁を含む小花弁18-25枚の獅子咲きで始めは内弁が立ちあがって花心部を囲むが、咲き進むと中から少数の雄蕊群が現れる。中輪、花径は7-8cm開花期 11月上中旬-1   花弁倒卵形で弁端凹入、内弁の先端と周縁には皺があり波曲して旗弁が混在する雄蕊 5-16本前後、花糸は淡黄色で下部が帯桃、長さ12-15mm。葯は濃黄色雌蕊花柱は緑白色、長さ10-12mmで先端から2-4mm3分岐するが時には一部が退化する。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛または基部が有毛葉柄 長さ4-5mm葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面主脈は無毛か時に散毛がある 葉身長楕円形の中葉、長さ5-5.5cm、幅2.3-2.7cm。銳頭で鋭-鈍脚。浅く中折れし、先端部だけ少し反曲する。葉縁には片側で19-23個の尖った細鋸歯がある葉色表面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、裏面は淡緑色 樹性 横張性で強い来歷1976年に浜松市細江町の民家の栽培品から枝を譲り受けたもの。始めは持主の名から‘桶田紅’と称していたが2000年前後に村松剛により現在名に改められた。‘獅子頭’からの自然実生と思われる 文献 1977山崎、2003ぐんま*2015肥土* 所在 農工大、ぐんまFPFS箱田、歴博   写•文/箱田直紀.


Flower

Flower Size7-8 cm

Blooming Season11-1 Month Japan

Photos