International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Benisuzume (vernalis)

Benisuzume (vernalis)

Last Updated:2023/7/24 15:33:50 By:wangzhonglang
1204

Id:ICR-1416

CountryJapan

Year Published/Registered1898

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia x vernalis 'Benisuzume (vernalis)'

Chinese Name

Japanese Name:紅雀 べにすずめ

Meaning:Red sparrow

Description

» English Description

Ashizawa, Yagorō, 1898, Chabaika Taishū; Wada, 1941, Garden Treasures of Japan, p.32: Hybrid with C.japonica, the habit and leaves showing its influ­ence, the fragrance and detached segments showing the kinship to C.sasanqua. A small, 22 petalled flower. Red with white spots and stripes. Leaves dark green, 7.9 cm x 3.6 cm. Listed under “Winter flowering varieties of C.sasanqua”. Synonyms: ‘Yae-wabisuke’, ‘Chirihime’(Kansai). The original tree is at the Reiganji Temple in Kyoto.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.313. 国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.27.     日本ツバキ協会. 2010. 「日本.ツバキ図鑑」. P.316. 京都產. []桃紅色、ときに白斑、八重、極小輪、123月 []楕円、厚質、大形、[]横張り性、弱い [来歴]ハルサザンカ。京都・霊鑑寺の八重佗助が原木、関西で散姫と呼ぶが、関東では白斑入りのものを紅雀と呼ぶ。。写文/箱田

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p133. 京都—埼玉、関西(宝塚市/池田市)産,ハルサザン力系. 花色紫味を帯びた紅色地に白星斑や横奎斑 花形 21-28弁の八 重、小輪で花径は5-6cm 開花期11月下旬-3花弁 小型の倒卵形で弁端凹入、先端に多少皺がある 雄蕊 2-3本から10本前後、花糸は黄白色で下部が帯桃、長さ 13-15mm。葯は橙黄色  雌蕊 花柱は緑白色、退化することが多 いが、長さが10-12mmで先端か下部まで23分岐。子房は絹 状毛が密生し、花柱は無毛または下部のみ有毛 葉柄 太くて長さ7-9mm、葉柄から表面主脈にかけて有毛か無 毛、裏面主脈は無毛か時には微毛がある 葉身長楕円形、大型 の厚葉、長さ6.5-7.5cm、幅3.5-4cm。銳頭で鈍脚。ほとんど 中折れせず、先端部で反曲し、葉縁が裏面へ反る。葉縁には片側 で27-32個の尖鋸歯 葉色表面は濃黄緑色で光沢少なく側脈、 網脈ともに不鮮明、裏面は緑色 樹性横張性で低木状、枝の伸 びは遅い。2n=45  来歴京都東山の霊鑑寺に古木がある‘八重佗 介’から増殖されたと思われ、閨東では斑入花が‘紅雀’、関西で は斑の入らないものが‘散姫’で販売された 文献1898芦沢、 1905華実園、1930皆川、1932石井* 1963片山、1970桐野* 1972船木* 1998名鑑* 2010新図鑑* 所在 大阪市大、振輿セ、農工大、ぐんまFPFS箱田、浜松FP、歴博     写•文/箱田直紀. 

 

Flower

Flower Size5-6 cm

Blooming Season11-3 Month Japan

Photos