International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Chōshun (hiemalis)

Chōshun (hiemalis)

Last Updated:2023/7/24 10:00:30 By:wangzhonglang
843

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-2757

CountryJapan

Year Published/Registered1987

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Chōshun (hiemalis)'

Chinese Name:长春

Japanese Name:長春(静岡) ちょうしゅん

Meaning:Long Spring

Description

» English Description

Hakoda, 1987, JCS, Tsubaki, No.26, p.48; ICS., Apr.1990, Japanese Camellia Cultivar List, p.38: Medium size, peach pink, informal peony form. Blooms early to mid-season. Discovered by Katsuhiro Maeda in Hanamatsu City, Shizuoka Prefecture, Japan in 1972, named by Fusako Yamasaki..

» Chinese Description

徐碧玉主编、2007《茶梅》p.63。花为明亮的粉红色,瓣基部稍浓,花瓣圆,23~30枚,波曲的雄蕊瓣稍竖起,少量雄蕊簇生其间,花径6~7厘米,半重瓣到牡丹型,花期11月中旬至翌年2月上旬;叶长椭圆形,稍厚,浓绿,齿稀,中折,稍呈尾尖状;树形较开张,长势旺。来源:原产日本静冈,1972年前田胜宏在浜松市民家发现,山崎富佐��命名。

» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p100. 静岡県(浜松市)産,シシガシラ系.  花色明るい桃色で花弁の基部や筋が濃色 花形花弁数は花に よって異なるが30-50枚ほどある八重〜獅子咲き、中輪で花径 は9cm前後 開花期11月下旬-2月 花弁弁は広倒卵形で先 端が浅く凹入して滑らか、内弁にも切れ込みや皺が多い   雄蕊変異が著しく、ほとんど弁化したものから50本以上のもの もある。花糸は下部が桃色を帯び、6-7群の割蕊状になる傾向 がある。葯は濃黄色  雌蕊花柱は黄緑白色、長さ11-12mmで 基部近くまで5分岐するものや奇形となったものまである。子房表面には絹状毛が密生し、花柱は無毛   葉柄長さ4-5mm、葉柄から表面主脈中部にかけて有毛で、裏 面主脈は無毛  葉身長楕円形、大型の厚葉、長さ6-6.5cm、幅 3cm前後。銳尖頭で鈍脚。中折れ少なく、先端部だけ反曲する。 葉縁には片側で22-26個の粗鋸歯がある  葉色表面は濃緑色で 光沢鈍く、側脈は鮮明で網脈は不鮮明、裏は淡緑色   樹性横張性で強い、枝はよく伸長する来歴 1972年に前田勝宏が浜松市内の民家で発見。命名は山崎富 佐子で、バラの漢名から‘長春’と命名した   文献1976山崎*、 1977山崎、1987箱田、1996久留米の花木、1998名鑑*   所在小石川、ぐんまFP、久留米、大島公園、松FP、歴博   写文/箱田直紀

Flower

Flower Size9-10 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos