International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Chūbu-kanbotan

Chūbu-kanbotan

Last Updated:2023/7/24 9:52:15 By:wangzhonglang
111

Id:ICR-24282

CountryJapan

Year Published/Registered1998

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Chūbu-kanbotan'

Chinese Name

Japanese Name

Meaning:Winter Peony from Chūbu

Description

» English Description

Chūbu-kanbotan. (Winter Peony from Chūbu). (C.hiemalis). Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.320. English translation p.242. Medium size, deep peach red, double. Flowers early to midseason. Leaves narrowly elliptic, somewhat small. Spreading, vigorous growth. Origin unknown, has been sold in Shizimu City on the northern bank of Lake Hamana as ‘Benibotan’. Considered to be a natural seedling of Shishigashira. From Shizuoka Prefecture.

» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p99. 静岡県(浜松市)産,シシガシラ系.  花色濃桃紅色で光沢がある 花形30弁前後で咲き始めは宝珠状で、咲き進むと獅子咲き。小花弁中に雄蕊が現れる、中輪で花径は7-8cm 開花期11月中旬-2花弁外弁は倒卵形で滑らかで弁端が深く凹入、内弁は皴が多く先端近くや周縁に切れ込みがある 雄蕊によって異なり、多いもので30本前後で、4群前後の割蕊状となる、花糸は淡黄色で長さが15-16mm1。葯は橙黄色 雌蕊花柱は淡緑色、長さ10mm前後または弁化が進み不定形。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛または基部のみ有毛葉柄 長さ5-6mm、葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面主脈とその両側の葉面にも散毛がある 葉身長楕円形のやや小葉、長さ4.5-5cm、幅2.2-2.7cm。銳頭で銳脚。主脈に沿って中折れし、反りは少なく先端近くで反曲する。葉縁には片側で20-23個の細鋸歯がある 葉色表面は濃緑色で側脈と網脈は不鮮明、裏面は淡緑色 樹性横張件で比較的強い、よく分枝する来歴 1970年代に浜北市(現.浜松市)やその周辺において‘紅牡丹’の名で苗木が販売されていた。‘獅子頭’の自然実生と思われる 文献1987箱田、1998名鑑、2003ぐんま*所在 農工大、ぐんまFPFS箱田    写•文/箱田直紀

Flower

Flower Size7-8 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos