International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Crimson King

Crimson King

Last Updated:2023/7/19 16:53:03 By:wangzhonglang
1398

Id:ICR-3475

CountryJapan

Year Published/Registered1937

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type:RHS-AGM

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Crimson King'

Chinese Name:绯红之王

Japanese Nameクリムソン·キング

Meaning

Description

» English Description

Wada 1937, Japanese Garden Treasures, p.37: Thick, broad petalled flowers of great substance, well shaped, deep crimson with attractive golden stamens. 12 cm across; semi-double. See pl.3 opposite p.44, G.S. Thomas, 1957, Colour in the Winter Garden. Originated in Japan. This cultivar was awarded as an AGM (Award of Garden Merit) plant by the Royal Horticultural Society  in 1993 at H4 rate (hardy: average winter; -10°C to -5°C).

» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p158. サザン力系.   花色鮮紅色  花形7-8弁の一重。中輪で花径は7-8cm   開花期11月上旬-12月   花弁倒卵形で弁端は凹入、花弁の4端と周縁は多少皺があり、弁縁は波曲する   雄蕊70-86本、梅蕊、花糸は淡黄色で下部が帯紅色、長さ15-18mmで咲きはじめは基部から4-5mmが合着するが、咲き^むと分離して散る。葯は橙黄色   雌蕊花柱は緑白色、長さ12-14mmで先端から4-7mmが3分岐する。子房表面には絹状種が多く、花柱は基部のみ有毛  葉柄長さ5-6mm、葉柄から表面主脈上部にかけて有毛で、裏面主脈も有毛    葉身長楕円形の中-大葉、長さ5.5-6.5cm、幅2.5-3cm。鋭頭で鈍脚。主脈に沿って浅く中折れし、先端近で反曲する。葉縁には片側で18-23個の粗鋸歯がある葉色 表面は暗緑色、側脈と網脈は不鮮明で裏面は緑色   樹性立性で強い、枝はよく伸長する   来歴1950年代には日本産として米国で栽培されていたらしレいが、日本の品種に該当するものは見つからない。現在国内で栽培されているものは1970年代以降にオーストラリアから導入された系統である    文献1993 CR  所在花卉研、FS箱田、歴博.  写/文:箱田.

Flower

Flower Size7-8 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos