International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Exquisite (Waterhouse)

Exquisite (Waterhouse)

Last Updated:2023/9/30 16:19:57 By:wangzhonglang
935

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-5097

CountryAustralia

Year Published/Registered1947

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Exquisite (Waterhouse)'

Chinese Name:澳雅

Japanese Name

Meaning

Description

» English Description

Camellia Grove Nursery Catalogue, 1947, p.9 invalidly as ‘Exquisite’: A pale pink single, large. Originated in Australia by E.G. Waterhouse, Gordon, NSW, Australia. See colour photo, p.173, Macoboy, 1981, The Colour Dictionary of Camellias. Chi­nese synonym: ‘Aoya’ (Exquisite).

» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》P160,オーストラリア産,サザン力系. 花色淡桃色地に底濃色、弁脈が濃色で目立つ 花形8-10弁の 一重-半八重、抱え咲きから平開するが、花弁が背面に折れて波 曲する。中輪で花径は8-9cm  開花期11月中下旬-12月 花弁 倒卵形で弁端は深く凹入、弁縁には皺がやや多い   雄蕊 70-88本、梅蕊で花糸は淡黄色、長さ15-18mmで咲きは じめは基部から3-4mmが合着するが、咲き進むと分離して散 る。葯は橙黄色  雌蕊花柱は太く、淡緑色、長さ8-11mmで先 端から2-4mm4-5分岐して上方で開く。子房は大型で表面 には絹状毛が多く、花柱は無毛   葉柄長さ5mm前後、葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面 主脈は無毛  葉身長楕円形の中葉、長さ5.1-5.4cm2.4- 2.5cm。銳頭で鈍脚。やや強く中折れし、全体にゆるやかに反曲 する。葉縁には片側で15-17個の粗めの低鋸歯がある  葉色表 面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、裏面は淡緑色 樹性 立性で強い、よく分枝してよく伸長する 来歴 起源はオーストラリアの E. G. Waterhouse 。日本へは1971 年に横浜市の三浦農園によりにオーストラリアから導入 文献  1947  Camellia Grove Nursery1993 CR   所在 農工大、神代、ぐんまFPFS箱田、大船FC、浜松FP、歴博     写•文/箱田直紀.

Flower

Flower Size

Blooming Season Australia

Photos