International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Hanafūki (hiemalis)

Hanafūki (hiemalis)

Last Updated:2023/7/24 14:14:27 By:wangzhonglang
1000

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-6843

CountryJapan

Year Published/Registered1998

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Hanafūki (hiemalis)'

Chinese Name

Japanese Name:花富貴 はなふうき

Meaning:Flower of wealth and honour

Description

» English Description

Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.310 with colour photo; English translation p.218. Medium to large, pinkish red, double to peony. Petal colour stays true to the end of blooming. Very early to early. Leaves elliptic, small, flat. Upright, vigorous growth, dense branches. A new natural seedling of Asakura from Kurume, Fukuoka Prefecture.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.310. 【花】桃色をおびた紅色、八��〜牡 丹咲き、中〜大輪、10〜12月。【葉】 楕円、小形、平坦。【樹】立性、強い、 枝が密生。【来歴】久留米において 朝倉の実生から選抜した新花。最後 まで花色が越せない。写•文/久富。  

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p116. 福岡県(久留米市)産, シシガシラ系.  花色桃紅色 花形大型の外弁17-20枚、内側の小型弁10-20枚の獅子咲き、中-大輪で花径は8-9cm 開花期11月中旬-2花弁倒卵形で外弁の先端は浅く凹入、内弁は花心部に立ち上がり先端と周縁には皺があり、7-10枚の旗弁も混生する雄蕊 3-12本、花心部に小花弁と混生して花糸は淡黄色、長さ10-15mm。葯は黄色 雌蕊花柱は緑白色、長さ10-11mmで一部が弁化、全長の約1/2または基部まで4-7分岐する。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛葉柄長さ5-6mm、葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面主脈も少ないが有毛 葉身楕円形、大型の平坦葉、厚質、長さ5.7-6cm、幅2.8-3cm。銳頭で鈍脚。主脈に沿って中折れは浅く、先端部だけ少し反曲する。葉縁には片側で18-21個の尖らない粗鋸歯がある葉色 表面は濃緑色、側脈は鮮明で網脈は不鮮明、裏面は緑色樹性 立性で強い、よく分枝し、枝葉が密生する来歴 1980年代後半に久留米市において‘朝倉’の実生から選抜された新花であるが、作出者は不明。最後まで花色が褪せない文献 1990久留米の花木、1998名鑑* 2010新図鑑*   写文/箱田直紀

Flower

Flower Size10-13 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos