International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Hime-shiragiku

Hime-shiragiku

Last Updated:2023/7/24 15:09:01 By:wangzhonglang
997

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-7461

CountryJapan

Year Published/Registered2010

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Hime-shiragiku'

Chinese Name

Japanese Name:姬白菊 ひめしらぎく

Meaning:Small white chrysanthemum

Description

» English Description

Sasanquas, The Winter Flowers" ICS Congress, Kurume 2010, English translation p.65; White, double, small size, early. New cultivar from Kurume. Latest Illustrated Book of Japanese Camellias, (Camellias of Japan), 2010, p.299 with colour photo; Peony form, with twisted, fluted petals. Leaves elliptic, small. Dense, spreading, vigorous growth.

» Japanese Description

日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》. p.299.  ���岡產. [花]白、八重~獅子咲き、小輪、11~1月。[葉]長楕円、小形。[樹]横張り性で枝は細くよく分枝する、強い。[来歴]カンツバキ系。久留米から生産販売されはじめた新花で、鉢植えにも仕立てやすい。写.文/箱田

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p127. 福岡県(久留米市)産,シシガシラ系. 花色白色 花形外弁17-19枚、旗弁を含む小型の内弁11-14枚の八重咲き、小輪で花径は6-7cm開花期11月中下旬-1  花弁小型の倒卵形で弁端は浅く凹入、内弁は波曲するが皺は少ない雄蕊 多くが弁化して残りは6-14本、花糸は淡黄色で長さ5-8mm。葯は濃黄色 雌蕊花柱は短く緑白色、長さ3-4mmで基部近くまで3-4分岐する。子房表面には絹状毛が多く、花柱は全長の1/2 くらいまで微毛がある葉柄細く、長さ4-5mm、葉柄から表面主脈基部にかけて有毛で、裏面主脈は無毛か時に微毛がある葉身 長楕円形で小型、長さ3.4-3.7cm、幅1.4-1.5cm。銳〜銳尖頭で銳脚。主脈に沿って中折れし、全体にゆるやかに反曲する。葉縁には片側で14-16個の細鋸歯がある葉色 表面は濃緑色で側脈と網脈は不鮮明、裏面は緑色樹性 横張性で強い、よく分枝するが枝は細く節間は短い来歴 1990年代後半の久留米産の新品種で、原木あるいは増殖初期のものと思われる大株が久留米つばき園の奥に植えられている文献 1997久留米の花木、2010新図鑑*   所在 久留米、歴博、FS箱田  写•文/箱田直紀.

Flower

Flower Size6-8 cm

Blooming Season11-1 Month Japan

Photos