International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Hosobamomo

Hosobamomo

Last Updated:2023/7/24 15:47:04 By:wangzhonglang
233

Type Image

Chosen by Sueo Takano

Id:ICR-7857

CountryJapan

Year Published/Registered1987

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Hosobamomo'

Chinese Name:细叶桃

Japanese Name:細葉桃 ほそばもも

Meaning:Narrow leaf pink

Synonym

Hosoba-momo  日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p137.

Description

» English Description

JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.44: Medium size, deep pink, single. Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.314 with colour photo; English translation p.221. Slender petals. Leaves lanceolate and very long. Flowers early. Upright, vigorous growth. Raised at Kosaki Chinju’en Nursery, Inazawa City, Japan in 1970s. Named by Shūhō Kirino. Resembles Hosobashiro very closely except for the petal colour.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.314.  国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》.  p.16.  愛知. []濃桃色、一重、細長弁、中輪、1012月 []長皮針形の極く長葉、同じような葉形の白花品種である細羽白とともに1970年代に愛知県下の植木産地で栽培されて空いた。 []   [来歴]不明 写文/箱田

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p137.  愛知県(稲沢市)産,サザン力系. 花色明るい桃色で底部がやや濃色 花形 6弁の一重、細長弁、 はじめは抱えるが後に平開し、花弁が波曲する。中輪で花径は8 -9cm  開花期11月上旬-12  花弁倒披針形で弁端凹入、周 縁には多少皺がある、薄弁 雄蕊60-65本、梅蕊で花糸は細く 淡黄色、長さ12-15mmで基部から約4mmが合着するが分離し て散る。葯は濃黄色 雌蕊花柱は細く緑白色、長さ13mm前後 で先端から5-6mm3分岐して開く。子房は小型で縦長、表 面に絹状毛が多く、花柱は無毛または基部のみ有毛葉柄細長く、長さ7-8mm、葉柄から表面主脈上部にかけて有 毛で、裏面主脈も少ないが有毛 葉身狭長皮針形、中型の細長 葉、長さ5.5-6.5cm、幅1.8-2cm。有尾尖頭で銳尖脚。主脈に 沿って浅く中折れし、全体にゆるやかに反曲する。葉縁には片側 で18-19個の粗鋸歯がある  葉色 表面は濃緑色で側脈は鮮明で あるが網脈は不鮮明、裏面は緑色 樹性立性で強い、枝はよく 伸長し節間は長い 来歴細葉白’と同時期に稲沢市の小崎珍樹 園で栽培されていた。花色以外は‘細葉白’に極めてよく似る。 命名は桐野秋豊(はじめは‘細葉紅’でのちに‘細葉桃’に変更) 文献 1976桐野* 1987箱田、1998名鑑* 2001冬の華* 2003 ぐんま所在 ぐんまFPFS箱田、大島公園、浜松FP、歴博   写•文/箱田直紀.


Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos