International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Kannonji (vernalis)

Kannonji (vernalis)

Last Updated:2023/7/21 9:56:00 By:wangzhonglang
986

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-9284

CountryJapan

Year Published/Registered1986

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia x vernalis 'Kannonji (vernalis)'

Chinese Name:观音寺

Japanese Name:観音寺 かんのんじ

Meaning

Description

» English Description

Tanaka et al., 1986, Journal of Japanese Society of Horticul­tural Science, 55(c):208. JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.50. A triploid cultivar of C.x vernalis from Japan. Medium size, semi-double, red, petaloid centre. Leaves 5.1 cm x 2.8 cm. Originated in Fuku’oka Prefecture, Japan.

» Japanese Description

日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》.  p.311. 福岡產. [花]紅色、一重であるが、花弁数やや多く二重のように見える、小輪、12~3����。[葉]楕円、中形でやや後に反る。[樹]立性、よく分枝して枝数は多く、強い。[来歴]ハルサザン力。久留米市郊外の寺院境内に古木があり、久留米市などで増殖されている。命名は桐野秋豊。写.文/箱田.   

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》P 60,福岡県(久留米市)産,ハルサザン力系. 花色桃紅色 花形9-10弁の一重、はじめは抱え咲きで、咲き進むと平開となる。小輪で花径は6-7cm 開花期12月中旬-3花弁倒卵形で先端が深く凹入、内弁は少し細長いが、表面の皺は少なく厚弁。花弁基部は雄蕊群と3mm前後合着する雄蕊 95-120本、基部が5-9mm合着した筒蕊で、花の終りには梅蕊状に開く。花糸は黄白色で21-25mmあって筒部は淡紅色を帯びる。葯は濃黄色  雌蕊花柱は淡緑色で長さ19-20mm、真直ぐで先端から3-5mm3-5分岐する。子房は大型、表面の絹状毛は多く、花柱は無毛葉柄 長さ5-6mm、葉柄や主脈は無毛 葉身楕円形、中型の厚葉、長さ5.5-6cm、幅3-3.2cm。先の尖った鈍頭で鈍脚。ほとんど中折れせず全体にゆるやかに反曲し、先端近くで急に反る、両縁が裏面に向かって反るものが多い。葉縁には片側で2429個の細鋸歯がある 葉色表面は暗緑色で光沢強く、側脈は鮮明で網脈は不鮮明、裏は緑色 樹性立性であるが横枝もよく伸びて強い。2n=45 来歴 久留米市田主丸町石垣の観音寺に、推定樹齢は350年といわれる原木がある 文献1976桐野* 1986Tanaka1987 箱田、2006 坂本*  2010 新図鑑* 所在 久留米市の原木農工大、神代、 ぐんまFPFS箱田、浜松FP.  写•文/箱田直紀.

Flower

Flower Size5-7 cm

Blooming Season12-3 Month Japan

Photos