International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Kazahana-nishiki

Kazahana-nishiki

Last Updated:2023/7/21 9:44:10 By:wangzhonglang
489

Id:ICR-9500

CountryJapan

Year Published/Registered1987

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Kazahana-nishiki'

Chinese Name

Japanese Name:風花錦 かざはなにしき

Meaning:Kazahana' Variegated

Synonym

Kazaha-nishiki  ICS., Apr.1990, Japanese Camellia Cultivar List, p.34. Orthographic error for Kazahana-nishiki.

Description

» English Description

Hakoda, JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.45. Medium size, white, single. Early flowering. Has an unstable yellow leaf variegation. Originated in Niigata Prefecture, Japan. ICS., Apr.1990, Japanese Camellia Cultivar List, p.34 as ‘Kazaha-nishiki’.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.296. 国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.50. 新潟. []白色、一重、細弁、中輪、11~12月【葉】倒披針状長楕円、黄色の散斑が入る。【樹】立性。【来歴】来歴不明。1970年代に新潟方面から販売、枝によっては斑が抜けるので斑入葉の枝を残す剪定法が必要。写•文/箱田。


日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》P 58,新潟県(新潟市)産,サザン力系. 写•文/箱田直紀:花色:白色、外弁2-3枚の先端に僅かに桃色が入る 花形:6-7弁の一重、平開咲き、中輪で花径は8-9cm   開花期:10月下旬〜12月  花弁:狭倒卵〜披針形の細弁で弁端凹 入、弁縁に皺があり、薄弁   雄蕊: 72-80本、梅蕊で花糸は細く黄色、長さ15-17mmで開花 初期には基部が合着するが、分離して散る。葯は濃黄色   雌蕊:花柱は黄白色、長さ12-16mmで先端から3-6mmが3分 岐して開く。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛 葉柄 長さ7-9mm、葉柄から表面主脈基部にかけて褐色毛があ り、裏面の主脈も多少有毛   葉身:狭長楕円形、中型の長葉、長 さ5-5.5cm、幅1.5-2.3cm。銳尖頭で鋭尖脚。主脈に沿って中 折れし、全体に強く反曲する、やや反り葉。葉縁には片側で16 〜19個の鈍頭の鋸歯が   葉色:表面は鮮緑色地にウイルス性 の黄色縦筋斑が入るが、黄斑が出ないことも多い。側脈だけ少し 目立つが、網脈は不鮮明、斑が入らない葉の裏面は淡緑色   樹性:立性で強い、斑が入らない枝はよく伸長する   来歴:来歴不明、1970年代に新潟方面から販売された   文献: 1987箱田、1988大岡、1998名鑑* 2003ぐんま*  所在 :農工大、ぐんまFP、FS箱田、大島公園

Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos