International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Koshi-no-kaori

Koshi-no-kaori

Last Updated:2023/7/27 9:35:52 By:wangzhonglang
1264

Type Image

Chosen by Sueo Takano

Id:ICR-10083

CountryJapan

Year Published/Registered1979

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia x vernalis 'Koshi-no-kaori'

Chinese Name

Japanese Name:越の香 こしのかおり

Meaning:Niigata incense

Description

» English Description

Seibundō Shinkōsha, 1979, Senchinshū, p.55, colour photo, p.214, description; JCS, 1987, Japanese Camellia, No.25, p.13, colour photo: A spring blooming sasanqua. A seedling of Umegaka. Base white, campanulate to sake-cup blossoms with a pale, peach pink ground. Small size, 5 slender, separated petals. Like its parent it has a pleasing perfume. Blooms early to mid-season. Leaves elliptic, mid-green, apices acuminate, margins serrulate. Originated in the Toyama Prefecture, Japan as a seedling of Umegae. Named and released by Zenji Kamo in 1980s.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.97. 日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》. p.301. 富山產. [花]極淡桃色地に底白、一重、盃状咲き、先太りの筒しベ、中輪、有香、12~4月。[葉]楕円、小~中形。[樹]立性、強い。[来歴]ハルサザン力。梅ヶ香の自然実生、1980年代に加茂善治により命名.発表。写/出雲村田、文/牧野。 

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p71 , 富山県(高岡市)産,ハルサザン力系. 花色淡い桃色地に底白 花形5-7弁の一重、盃状咲きで先が開 いた筒蕊、中輪で花径は7-7.5cm 開花期11月中下旬-4花弁倒卵形で弁端は深く凹人、花弁の皺は少ない厚弁 雄蕊 74-90本、筒蕊で花糸は黄白色、長さ25-28mmで基部か ら10-13mmが合着する。葯は濃黄色雌蕊 花柱は細く緑白色で落花時には帯紅色となる、長さ20-23 mm、先端から5-15mm3分岐する。子房は黄緑色、表面は 無毛で花柱も無毛葉柄 長さ8-10mm、葉柄から表面主脈は無毛で、裏面主脈も無 毛  葉身長めの楕円形の大葉、長さ7-7.5cm、幅3-3.5cm。銳 尖頭で銳脚。主脈に沿って浅く中折れし、先端近くで少し反曲す る。葉縁には片側で22-24個の尖った粗鋸歯がある 葉色 表面は濃緑色、側脈と網脈は不鮮明で裏面は緑色 樹性 立性で強い、枝はよく伸長して太い 来歴 ハルサザン力系‘梅ケ香’の自然実生。1980年代に富山県 の加茂善治により命名-発表された 文献 1979千椿集* 1987日本ツバキ協会* 1987箱田、2010新図鑑*所在 長尾草生園、世界の椿館碁石、くち椿館FS箱田.  写文/箱田直紀.

Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-4 Month Japan

Photos