International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Mino-botan

Mino-botan

Last Updated:2023/7/25 9:00:21 By:wangzhonglang
602

Type Image

Chosen by Sueo Takano

Id:ICR-12628

CountryJapan

Year Published/Registered1964

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Minobotan'

Chinese Name:浓牡丹

Japanese Name:美濃牡丹 みのぼたん

Meaning:Peony of Mino

Description

» English Description

Kyōto Engei Kurabu, 1964, Tsubaki Tokushū, No.5, p.71: Flower sorber red, formal double. Plant habit upright. Hakoda, JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.49: Medium to large size, crimson double. Blooms early to mid-season. Originated in the precinct of the Nangū Shrine, Ichinomiya City, Aichi Prefecture, Japan. See Satō, 1975, Chūbu no Tsubaki, p.115.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.316. 【花】濃桃��で花弁基部は濃色、ニ 〜三重、中〜大輪、11〜12月。【葉】 ��楕円、やや大形。【樹】横張り性、 強い。【来歴】1960年代に祖父江町 の佐藤椿園で作出。カンツバキ系の 実生か。命名は佐藤稔。写•文/箱田。

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p142.  愛知県(稲沢市)産,シシガシラ系.  花色濃桃で花弁の基部がやや濃色 花形19-23弁の半八重〜八重咲き、中-大輪で花径は89cm開花期11月下旬-12花弁長倒卵形で弁端は深く凹入、花弁の皺は比較的少ない、やや厚弁雄蕊 111-127本、梅蕊で花糸は細く淡黄色、長さ15-17mmで咲きはじめは基部から3-4mmが合着するが分離して散る。葯は橙黄色 雌蕊花柱は緑白色、長さ13mm前後で先端の1-2mm3-4分岐する。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛葉柄太く、長さ6-7mm。葉柄から表面主脈基部にかけて褐色毛が少しあり、裏面主脈はほとんど無毛  葉身長楕円形の大葉、長さ5-5.3cm、幅2.5-3cm。鋭頭で鈍円脚。主脈に沿って中折れし、全体にゆるやかに反曲する。葉縁には片側で2124個の尖った粗鋸歯がある 葉色表面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、裏面は帯黄緑色 樹性横張り性で強い、よく分枝して節間は長い 来歴1960年代に祖父江町の佐藤椿園から販売、シシガシラ系の自然実生と思われ、命名は佐藤稔文献 1964京都園芸、1970桐野、1973箱田、1975佐藤、1976桐野、1976山崎* 1998名鑑* 2003ぐんま* 2010新図鑑*   所在 農工大、ぐんまFPFS箱田   写•文/箱田直紀.  

 

Flower

Flower Size10-13 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos