International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Tanushimaru-shiro-kantsubaki

Tanushimaru-shiro-kantsubaki

Last Updated:2023/7/24 9:26:52 By:wangzhonglang
279

Id:ICR-26279

CountryJapan

Year Published/Registered1971

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Tanushimaru-shiro-kantsubaki'

Chinese Name:白田主丸

Japanese Name:田主丸白寒椿 たぬしまるしろかんつばき

Meaning

Description

» English Description

Tanushimaru-shiro-kantsubaki (C. sasanqua). Originated in Japan in 1971. Flower  white, red spots in outer peatls, semidouble, medium size.  Leaf medium size, elliptic. Plant spreading. Bloom late, November to February in Japan.


» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p95.福岡県(久留米市)産, シシガシラ系.  花色白花で外弁に僅かに爪紅、内弁は純白   花形13-24弁の半八重〜不完全な獅子咲き、中輪で花径は6-7cm     開花期11月中下旬-2月   花弁倒卵形、全体に皺は少ないが内弁には少し皺があり波曲する、厚弁    雄蕊少ないものでは5-10本、時には40-55本もある、花糸は黄白色で長さ11-13mm、咲きはじめは基部で合着するが、咲き進むと分離して散る。葯は濃黄色    雌蕊花柱は淡黄緑色、長さ6-8mm、先端から1-2mmが3-4分岐するが、時には一部が弁化する。子房は小型で表面には絹状毛が密生し、花柱は無毛    葉柄長さ5-6mm、葉柄には毛が多いが表面主脈は基部のみ有毛、裏面は主脈に沿って散毛がある      葉身楕円形の大型、厚質の丸葉、長さ6-7cm、幅3.5-3.7cm鈍頭で円脚。ほとんど中折れや反曲しないで、盃状葉が多い。葉縁には片側で24-27個の尖った細鋸歯がある     葉色表面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、裏は淡緑色   樹性横張性で強健、節間は短く枝は密生する    来歴1971年に久留米市田主丸の植木生産圃場で栽培されていたが、それ以前の経緯は不明   文献2003ぐんま*    所在農工大、小石川、ぐんまFP、FS箱田     写文/箱田直紀

Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos