International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Wakanoura (Yamasaki)

Wakanoura (Yamasaki)

Last Updated:2023/7/25 9:30:34 By:wangzhonglang
823

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-20497

CountryJapan

Year Published/Registered1957

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Wakanoura (Yamasaki)'

Chinese Name:和歌之浦茶梅

Japanese Name:若の浦(山崎) わかのうら(やまさき)

Meaning

Description

» English Description

Shimada, Yaichi, 1957, Kumamoto no Sazanka ni tsuite, Dantairin; Satomi, 1958, Nomenclature List of Sasanqua of Japan, p.16: Pure white. Large, single. Origi­nated in Kumamoto Prefecture, Japan. Selected and named by Sadatsugu Yamasaki before 1880. Regarded as one of the finest Higo sasanquas.

» Japanese Description

講談社 1975年 《現代椿集》 P.394   誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.318. 国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》.  p.17.   熊本. []、一重、大輪、1012月 []長楕円、中形、[]立性、強い [来歴]1880年頃に山崎貞嗣により選出された肥後サザンカ白花の最優秀品種。 写文/箱田

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p152.  熊本県(肥後サザン力)産,サザン力系.  花色白色、外弁の先端に僅かに桃色が残るが開くと純白に近い花形7-9弁の一重、平開咲き、花の後半には花弁が波曲する。大輪で花径は11-12cm 開花期11月下旬-12月で晚咲き花弁 大型の長倒卵形で弁端凹入、内弁の先端と周縁には皴が目立つ、厚弁 雄蕊85-99本、見事な梅蕊で花中に広がり、花糸は細く黄白色、長さ15-18mmで基部から3-4mmが合着するが、咲き進むと分離して散る。葯は濃黄色  雌蕊花柱は淡緑色、長さ9-10mmで基部2-3mmを残して3~4分岐、まれに5分岐し分岐部の上から開き縮れる。子房には絹状毛が多く、花柱は無毛葉柄太く短い、長さ4-5mm。葉柄から表面主脈上部にかけて有毛で、裏面主脈は無毛か時に微毛がある 葉身楕円形の大葉、長さ6-6.5cm、幅3.5-4cm。鋭~鈍頭で鈍脚。浅く中折れし基部と先端近くで反曲する。葉縁には片側で19-22個の粗鋸歯がある 葉色表面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、裏は緑色 樹性立性でやや弱い 来歴1880年頃までに山崎貞嗣により選出.命名された肥後サザン力で、白花の最優秀品とされる文献 1957島田、1967粟屋* 1971栗星* 1975肥後銘花集*1986肥後六花* 1998名鑑* 2001冬の華* 2013肥後品種表*所在 肥後さざんか協会、FS箱田  写•文/箱田直紀.  

  


Flower

Flower Size10-13 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos