International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Azuma-botan

Azuma-botan

Last Updated:2024/1/20 9:48:18 By:wangzhonglang
1232

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-972

CountryJapan

Year Published/Registered1989

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia vernalis 'Azumabotan'

Chinese Name:东牡丹

Japanese Name:東牡丹 あずまぼたん

Meaning:Eastern peony

Description

» English Description

Hakoda, JCS., 1989, Tsubaki, No.26, p.47; ICS., Apr.1990, Japanese Camellia Cultivar List, p.38: Medium size, dark red, irregular, peony form double. Originated in the Fukuoka Prefecture, Japan. Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.292 with colour photo; English translation p.204. Considered to be a seedling of Egao. Selected by Yoshikatsu Ueno in 1970s, named by Naotoshi Hakoda. Chinese synonym: ‘Dongmudan’.

» Chinese Description

徐碧玉主编、2007《茶梅》p.71。属春茶梅群。花深红色,花瓣大而圆,30枚以上,花径7~8厘米,牡丹型,有淡香,夏梢易着生花蕾,花期11月至翌年4月上旬;叶椭圆形,齿密而尖,叶缘稍反曲;树形开张,长势旺,枝条粗壮。来源:原产日本福冈,1970年在久留米由上野芳藤选出,箱田直纪命名

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.292. 日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》.  p.315. 福岡產. [花」黒みのある濃紅色、牡丹咲き、大輪、11~2月。[葉]楕円、中形、[樹]立性、強い、枝は太い [来歴]久留米市の民家の植栽樹から1970年代に上野芳勝が選抜し、箱田直紀が命名した。写/箱田.文/久富.

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p37. 福岡県(久留米市)産  ハルサザン力系.花色黒味のある濃紅色  花形 26-33弁の八重牡丹咲き、中大輪で花径は7cm 開花期 11月下旬-2花弁外弁は倒卵形で厚弁。雄蕊が弁化した内弁は波状を呈して重なる 雄蕊 弁化しない雄蕊は少数-10数本。花糸は長さ17-20mm、下部の1/21/3が帯紅色。葯は橙黄色雌蕊花柱は長さ約15-16mmで先端部のみ3分岐する。子房表面は有毛で、花柱は無毛葉柄長さ5-6mm、葉柄から表面主脈にかけて僅かに有毛で、 裏面主脈は無毛  葉身長楕円形の大葉、長さ5.5-6.5cm、幅2.6- 3cm。銳尖頭で銳脚。主脈に沿って浅く中折れし、基部と先端部 でゆるやかに反曲する。葉縁には片側で1821個の尖った粗鋸 歯がある  葉色表面は濃緑色、側脈はやや鮮明で網脈は不鮮明、 裏面は黄緑色 樹性立性で強い、枝は太くよく伸長する 来歷 1970年代に久留米市の上野芳勝が選出。花、葉、樹形など から地元では‘笑顔’の実生と考えられている。命名は箱田直紀 文献  1980園芸通信* 1987箱田、1990久留米の花木、1998名鑑* 2003ぐんま、2010新図鑑*所在 久留米、ぐんまFP、歴博、医王寺.  写/文 箱田.


Flower

Flower Size10-13 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos