International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Kaidōmaru

Kaidōmaru

Last Updated:2023/7/21 9:41:39 By:wangzhonglang
949

Type Image

Chosen by Sueo Takano

Id:ICR-9188

CountryJapan

Year Published/Registered1898

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Kaidōmaru'

Chinese Name:海道丸

Japanese Name:快童丸 かいどうまる

Meaning:Legendary boy's name

Synonym

Kaidō  Chūgai Nursery Catalogue, 1939-1940, p.20. Abbreviation for Kaidōmaru.

Kwaidomaru  Yashiroda, 1950, American Camellia Yearbook, p.20.Different reading for Kaidō­maru.

Description

» English Description

Ashizawa 1898, Chabaika Taishū: Large size, cardinal red. Originated in Japan.

» Japanese Description

講談社 1975年 《現代椿集》 P.390   国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.9.   日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》 p.320. 江戸產. []白地に濃紅色ぼかし、蕾は濃紅色で開花後も弁の裏は濃色、一重、大輪、1012月。[]長楕円、中形、[]立性、強い。[来歴]1898年の芦沢「茶梅花大集」に記載がある、江戸サザンカの代表的美花、皆川椿花園その他に古木がある。写文/箱田.   

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》P 57,埼玉県(川口市)産,サザン力系 写•文/箱田直紀:花色:白地に淡紅色の覆輪ぼかし、蕾は濃紅色で花弁の裏は濃色 花形:8-10弁の一重、大型の花弁が波打ち重なって見事な大輪 花、花径は9-10cm  開花期:10月下旬〜12月  花弁:広倒卵形、弁端が浅く凹入、内弁の周縁に多少皺があるが 表面が滑らかで白味が目立つ、厚弁   雄蕊:70-90本の梅蕊、花 糸は淡黄色、長さ14-17mmではじめは基部が3-4mm合着し ているが分離して散る。葯は濃 雌蕊:花柱は淡黄緑色、長 さ13-15mmで先端から全長の約1/2が3-4分岐。子房表面に は絹状毛が密生し、花柱は無毛   葉柄:長さ6-7mm、葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面主 脈は    葉身:長楕円形、中型の厚葉、長さ6-6.5cm、幅2.5- 3cm。銳頭で銳脚。主脈に沿って中折れし、全体にゆるやかに反 曲する。葉縁には片側で24-27個の尖った細鋸歯がある 葉色:表面は暗緑色、側脈はやや目立つが、網脈は不鮮明、裏は 緑色 樹性: 立性で強い、枝はよく伸長する 来歷1898年の芦沢 「茶梅花大集」に記載、皆川椿花園その他に古木がある   文献:芦沢、1905華実園、1930皆川、1932石井* 1936山 田* 1972山崎* 1998名鑑* 2001冬の華* 2010新図鑑*   所在:武蔵丘陵、花卉研、ぐんまFP、FS箱田、歷博、久留米、大島公園

Flower

Flower Size10-13 cm

Blooming Season10-12 Month Japan

Photos