International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Kasane-ōgi

Kasane-ōgi

Last Updated:2023/7/21 9:43:39 By:wangzhonglang
914

Type Image

Chosen by Sueo Takano

Id:ICR-9384

CountryJapan

Year Published/Registered1971

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Kasane-ōgi'

Chinese Name:重扇

Japanese Name:重扇 かさねおうぎ

Meaning:Overlapped fans

Synonym

Chuxiao  (First Smile),Gao & Zhuang, 1989, The Camellia in China, p.75, No.551. Chinese synonym for the Japanese C. sasanqua Kasane-ōgi.

Description

» English Description

JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.49: White with pink mar­gins, peony form, medium size Blooms early to mid-season. Chi­nese synonym: ‘Chuxiao’. Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.295 with colour photo; English translation p.207. Discovered by Naotoshi Hakoda in 1971 in a hedge in Sagano, Kyōto, Japan. Considered to be a seedling of Shishigashira or Shōwa-no-sakae.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.296. 国立歴史民俗博物館.. 2009. 「冬の���・サザンカ���.P.19.     日本ツバキ協会. 2010. 《最新日本ツバキ図鑑》. p.298. 京都產. [花]白、外弁の裏は桃色、獅子咲き、中輪、11~2月。[葉]長楕円、やや大形。[樹]横張り性、強い。[来歴]カンツバキ系。1971年に嵯峨野の生垣中から箱田直紀が発見.命名、獅子頭か昭和の栄の自然実生と思われる。写.文/箱田

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》P 58,京都府(京都市嵯峨)産,シシガシラ系. 写•文/箱田直紀:花色:白花であるが、外弁の先端部と裏面に桃紅色のぼかしが入る、蕾は淡紅色 花形:25-35弁の獅子咲き、中輪で花径は8-9cm   開花期:11月中旬-2月 花弁大型の外弁は倒卵形で弁端凹入、皺は少ないが、内弁は形や大きさが様々で花の中心部に立ち上がる炫爾花によって変異が大きいが  雄蕊:5-50本のものが多く、弁化した小花弁に混在する、花糸は長さ14-16mmで淡黄色。葯は濃黄色 雌蕊:2花柱は緑白色、長さ10-13mmで先端の2-3mmが3分裂するが先端は開かない。子房は縦長で小型、表面には絹状毛が密生し、花柱は無毛  葉柄:長さ5-7mm、葉柄から表面主脈にかけて褐色毛があるが多くはなく、裏面主脈の毛は少ない   葉身:長楕円形の中葉、長さ5.5-6cm、幅2.5-3cm。銳頭で銳脚。主脈に沿って浅く中折れし、全体にゆるやかに反曲する。葉縁には片側で20-25個の粗鋸歯がある 葉色:表面は濃緑色で側脈、網脈ともに不鮮明、裏面は緑色 樹性:横張性で強い、よく分枝し、枝はよく伸長する来歴 1971年に京都市嵯峨野の生垣中から枝を譲り受けて箱田直紀が命名。‘獅子頭’か‘昭和の栄’の自然実生と思われる   文献:1976箱田* 1998名鑑* 2001冬の華* 2010新図鑑*   所在:農工大、ぐんまFP、FS箱田、浜松FP、歴博


Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-2 Month Japan

Photos