International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Tenryū-kō

Tenryū-kō

Last Updated:2023/7/24 10:29:10 By:wangzhonglang
533

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-19262

CountryJapan

Year Published/Registered1986

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia x vernalis 'Tenryū-kurenai'

Chinese Name:天竜红

Japanese Name:天竜紅 てんりゅうこう

Meaning:Red "Tenryū"

Description

» English Description

Tanaka et al., 1986, Journal of Japanese Society of Horticul­tural Science, 55(2):208. A triploid cultivar of C.x vernalis discovered by Katsuhiro Maeda in Toyota Town, Shizu’oka Prefecture, Japan. Named and released by Takashi Tsuyama and Fusako Yamazaki. JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.51: Flower, single, red, medium size. Different reading: ‘Tenryū-kō’.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.��.307.  国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.26.  日本ツバキ協会. 2010. 「最新日本ツバキ図鑑」P.311.静岡. []淡紅色、一重、盃状から後に平開、小輪、12~3月 []楕円~倒卵状楕円、形、[]立性、強い [来歴]1975年に前田勝広が静岡県磐田郡豊田町の旧家で発見、命名・発表は津山尚と山崎冨佐子。 写文/箱田. 

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p103. 静岡県(磐田市)ハルサザン力系.  花色少し淡い紅色 花形6-7弁の一重、盃状から後に平開、後半は弁間が隙く。小輪で花径は6-8cm 開花期12月上旬-3花弁 長倒卵形で弁端凹入、弁端以外の皺は少ない、厚弁で光沢がある 雄蕊65-70本、花糸は淡黄色で下部が帯紅色、長さは21-25mmで基部から5-7mmが合着した筒蕊。葯は橙黄色雌蕊 花柱は緑白色で下部が帯桃、長さ15-20mmで先端から10-11mm3分岐する。子房表面には絹状毛が多く、花柱も分岐部の上まで微毛がある葉柄 長さ8-9mm、葉柄から表面主脈基部にかけて少ないが有毛で、裏面主脈は無毛か時には散毛がある 葉身楕円〜倒卵状楕円形の大葉、長さ6.5-7cm、幅3-3.3cm。先の尖った鈍頭で銳脚。浅く中折れし、先端部近くで反曲する。葉縁には片側で23-26個の尖った粗鋸歯がある葉色 表面は鮮緑色、側脈と網脈は鮮明で裏面は淡緑色 樹性立性で比較的強い、枝はよく伸長する。2n=45 来歴1975年に浜松市の前田勝宏が磐田市豊田の旧家で発見。命名と発表は津山尚と山崎富佐子文献 1975 津山·山崎* 1976 山崎、1977 山崎、1986 Tanaka1998名鑑* 2001冬の華* 2003ぐんま* 2010新図鑑*所在 農工大、ぐんまFPFS箱田、浜松FP   写文/箱田直紀

 


Flower

Flower Size6-8 cm

Blooming Season12-3 Month Japan

Photos