International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Ake-no-hoshi

Ake-no-hoshi

Last Updated:2023/7/20 14:54:23 By:wangzhonglang
878

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-22831

CountryJapan

Year Published/Registered1970

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Ake-no-hoshi'

Chinese Name

Japanese Name:明星 あけのほし

Meaning:Stars at dawn

Description

» English Description

Kuriya, Tsuyoshi, 1970, Engei Tsushin, No.20; ICS, Apr.1990, Japanese Camellia Cultivar List, p.32: Large size, white with pale pink graduations. single; early blooming. See Hakoda, JCS., 1987, Tsubaki, No.26, p.43. Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.290 with colour photo; English translation p.203. Leaves narrowly elliptic, medium size. Upright, vigorous growth, dense branches. The original tree, aged about 130 years, is growing in Kumamoto City. Recognised by the Higo Sasanqua Society in 1968.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.290. 国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.50. 熊本. []白色、弁端わずかに桃色、一重、中輪、11~12月 【葉】長楕円、 中形。【樹】立性、強い。【来歴】原 木は熊本市にあり、推定樹齢は約13 0年。1968年の肥後さざんか協会品 種審議会で認定•命名。写•文/箱田。

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p32. 熊本県(肥後サザン力)   サザン力系.  花色 白色で弁端が僅かに桃色、蕾の先端は淡紅色   花形  7-8弁の一重、はじめは弁端がやや抱えるが、咲き進むと平開咲きとなる、中輪で花径は8-9cm 開花期 11月中旬-12花弁倒卵形で、先端部が深く凹入し、花弁の皺は少ない、薄弁   雄蕊 60-80本、梅蕊状に花中に広がり、花糸は淡黄色で葯は濃黄色  雌蕊花柱は黄緑白色。長さ1113mmIIで先端から58mm34分岐する。子房表面には絹状毛が密生し、花柱は無毛葉柄 細く、長さ4-5mm   葉身 楕円-長楕円形、中型のやや薄葉、長さ5-5.5cm、幅2.5-2.7cm。鈍頭で鈍脚の丸葉。主脈に沿って軽く中折れし、全体に反曲する、やや反り葉。葉縁には片側で19-21個の浅い細鋸歯がある  葉色表面は濃緑色で光沢がある、側脈と網脈はともに比較的鮮明、裏面は淡緑色樹性 立性で生育は旺盛、枝はよく伸長する   来歷 原木は熊本市花園町にあって、1968年の肥後さざんか協会品種審議会で認定,命名された登録品種であるが、近年は熊本市内においても生存が確認できなくなった   文献 1971粟屋、1975肥後銘花集* 1976大藪、1986肥後六花、1998名鑑*  所在 現存は不明。  /文 箱田.

Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season11-12 Month Japan

Photos