International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Cleopatra White

Cleopatra White

Last Updated:2023/7/19 16:35:26 By:wangzhonglang
1329

Type Image

Chosen by Gianmario Motta

Id:ICR-2943

CountryUnited States

Year Published/Registered1950

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia sasanqua 'Cleopatra White'

Chinese Name:克利奥帕特拉·怀特

Japanese Nameクレオパトラ·ホワイト

Meaning

Description

» English Description

SCCS, 1950, The Camellia. Its Culture and Nomenclature, p.69: White, semi-double. Originated in the USA as a mutation of Cleopatra (Sawada) as ‘Cleopatra’.

» Japanese Description

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p157. サザン力系.   花色白に近い淡い桃色で花心部の桃色がやや濃い   花形9-10 弁の半八重。中輪で花径は7〜8cm   開花期11月上中旬-12月   花弁倒卵形で弁端は浅く凹入、花弁の先端と周縁には多少皺が 多く波曲する   雄蕊95-110本、花糸は細く淡黄色、長さ13〜15 mmで咲きはじめは基部から5-6mmが合着するが分離して散 る。葯は濃黄色    雌蕊花柱は細く緑白色、長さ10-12mmで基部近くまで3分岐 して開く。子房表面には絹状毛が多く、花柱は無毛または基部の み有毛   葉柄長さ4-5mm、葉柄から表面主脈基部にかけて有毛で、裏 面主脈は無毛     葉身長楕円形の小葉、長さ4〜-5cm、幅2-2.3cm。 銳頭で鋭脚。主脈に沿って浅く中折れし、全体にゆるやかに反曲 し、葉縁が波曲する。葉縁には片側で22-24個の細鋸歯がある   葉色表面は濃緑色、側脈と網脈は不明瞭、裏面は淡緑色 樹性 やや横張性で強いが、節間は短い   来歴米国カリフオルニア州のNuccio's Nurseriesで生まれた ‘CLEOPATEA’,の白花枝変わり。Nuccio's Nurseriesから直接導 入したと思われる株が都立大島公園に植栽されている   文献1950 SCCS、1979 Nuccio, 1993 CR   所在大島公園.  写/文:箱田.

Flower

Flower Size7-8 cm

Blooming Season11-12 Month United States

Photos