International Camellia Register
ICR
Home Cultivars Hayazaki-beni-goromo

Hayazaki-beni-goromo

Last Updated:2023/7/24 14:28:52 By:wangzhonglang
1033

Type Image

Chosen by wangzhonglang

Id:ICR-7145

CountryJapan

Year Published/Registered1998

Cultivar Type:For Ornamental

AGM Type

Scientific Name:Camellia hiemalis 'Hayazaki-beni-goromo'

Chinese Name:早花红衣

Japanese Name:早咲紅衣 はやざきべにごろも

Meaning:Early blooming red robe

Description

» English Description

Nippon Tsubaki - Sasanqua Meikan, 1998, p.310 with colour photo; English translation p.218. Small to medium, red, rose-form double. Very early to early. Leaves narrowly elliptic, small. Upright, vigorous growth. Sold at nurseries in Hamamatsu City, origin unknown. Considered to be of C.hiemalis parentage. From Shizuoka Prefecture.

» Japanese Description

誠文堂新光社.1998.《日本ツバキ.サザンカ名鑑》.p.310. 国立歴史民俗博物館. 2009. 《冬の華・サザンカ》. P.21. 静岡產. []紅色、獅子咲き、小~中輪、1012月 。【葉】長楕円、小形。【樹】 立性、強い。[来歴] 1970年代に浜北市の植木市などで販売されてきたが来歴は不明。 カンツバキ群の自然実生と思われるが開花期が早い。 写文/箱田.  

日本ツバキ協会2021《新撰サザン力名鑑》,p117. 静岡県(浜松市)産,シシガシラ系.   花色桃紅色 花形35-40弁の獅子咲き、雄蕊が弁化した小花弁が花心部に盛り上がる、中-小輪で花径は7cm前後開花期 10月下旬-1花弁外弁は倒卵形で弁端は凹入、内弁は小型で不定形、細かい皺は少ないが波曲して立ち上がり、光沢がある 雄蕊10本前後から25本まであり、4-5群の割蕊となることもある、花糸は淡黄色で基部が帯桃、長さ14-16mmで基部から2mm前後が合着する。葯は濃黄色雌蕊花柱は細く黄白色、長さ14-15mmで全長の約1/23分岐。子房は退化するか小型で表面には絹状毛が多く、花柱は無葉柄 細く、長さ4-5mm、葉柄から表面主脈にかけて有毛で、裏面主脈も有毛であるが少ない 葉身長楕円形の小葉、長さ4.5-5cm、幅2.3-2.5cm。銳頭で銳脚。浅く中折れし、全体にゆるやかに反曲する。葉縁には片側で19-24個の尖った鋸歯がある葉色 表面は濃緑色で側脈と網脈はともに不鮮明。裏は黄緑色樹性 やや横張性で強い、よく分枝して枝はよく伸長する来歴  1970年代に旧浜北市の植木市などで販売されていたが、来歴は不明。シシガシラ系の自然実生と思われるが開花期が早い文献 1987箱田、1998名鑑* 2001冬の華* 2003ぐんま*所在 農工大、ぐんまFPFS箱田、大島公園   写文/箱田直紀

 

Flower

Flower Size8-10 cm

Blooming Season10-1 Month Japan

Photos